FC2ブログ

水没した車はどうなる?


洪水が起きた後は、水没した車の査定で買い取り業者は多忙になります。水没した車は冠水車と呼ばれますが、まともに動かない冠水車は早めに処分したいと誰もが思うからです。


水没した箇所によっては、冠水車を修理して再び走らせることも可能ですが、修理費として考えていた予算を越えることも少なくありません。また、エンジンが水没した場合はエンジンの交換となります。交換するエンジンは中古のものでも数十万円かかります。


加入している保険の契約内容によっては冠水車に保険がおりるケースがありますから、自分の保険を確かめてみましょう。


自然災害で家屋などの修理も必要になるケースもあります。人的被害に対しては公的な支援策がありますが、自動車の損害に対してはありません。しかし、廃車にする時には、災害の復旧処理の一部として費用の援助を受けられることもあります。


インターネット上では、冠水車の買い取り業者がたくさん存在しますが、実際には近くの業者に依頼することになります。
住んでいる地域の整備工場に見積りをしてもらいましょう。冠水車は放置しておくと錆てくることがあるので、修理や査定は早めに行いましょう。
スポンサーサイト